こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

L'Arc〜en〜Cielのオススメ12曲を僕が紹介する

TWENITY 2000-2010

L'Arc〜en〜Ciel。

身長が156㎝しかないがそれ以外は完璧なhyde

ダムが好きでたまにタモリ俱楽部へ出演するken

シャアが好きでベースの色も赤いtetsuya

ゲームが好きでどこか寡黙な印象を受けるyukihiro

 

 

この四人で構成されているのがL'Arc〜en〜Cielだ。90年代の音楽シーンを盛り上げ各々に活動していることも多いが今でも根強い人気のあるバンドである。

今回はL'Arc〜en〜Cielのおすすめ曲を紹介するよ。

 

 

 

 

 

 

 

Voice

L'Arc〜en〜Cielがインディーズの頃に活動していた頃の曲ですね。DUNEに収録されている曲であります。ギターのkenがL'Arc〜en〜Cielのために初めて作った曲でもあったり。とにかくイントロをはじめギターがかっこいい。初期からこんなかっこいいフレーズ出せてたんやなって。

 

 

 

Dune

DUNE

「With Dune」

アルバム表題曲。初期ではライブの定番曲だったりしてね。最近はどうなんですかね?これ演奏してるのかな?歌詞が「これぞラルク」と評するほどに幻想的、ギターのリフもかっこいいのよ。インディーズの頃のラルクってちょっと曲の完成度的には今と比べて荒い部分はあるかもしれないけどこの頃からL'Arc〜en〜Cielの形としては完成されつつあったんですよね。パートチェンジバンドでアレンジされてるよね。

 

 

 

All Dead

Tierra

ヤンデレ。しかも自傷行為のある女性目線の曲なのかな?

初期ラルクはこういった危ない曲が多し。それでいて曲の完成度が高いのが流石。アルバム「Tierra」はまだ色々と模索しているとこるあるよね、だがそれがいい。ついでにいうとメタル要素も強めなような。

 

 

Caress of Venus

True

今となってはライブ定番曲。イントロがかっこいいわけなんだけど他にはベースのフレーズがかっこいい(特にサビ前が狂おしいほど好きです)ややポップな曲となったけどそこだけに終わらずラルク独特のかっこよさが詰まってるんや。

156cmの身長から放たれるhydeのねっとりした声も素敵なのでみなさん聴いてやってください。そんな156cmのhydeいわくTrueは「前期ラルク」の集大成だそうです。

youtu.be

 

 

 

 

the fourth avenue cafe

the Fourth Avenue Cafe

不遇の一曲です。というものこれが発売されるまえにメンバーのsakuraが逮捕され、この曲の発売も全て白紙に。元々はるろうに剣心のEDとして放映されてたけどこの騒動で差し替えに。

この時のファンはどんな心境だったのかは想像を絶しますな。曲としては長年続いた恋人との別れを描いた歌詞でしょうか、切なくも実に良い完成度。ギターソロ好き。何気にファン投票1位の楽曲だったり。

youtu.be

 

 

 

 

winter fall

HEART

この曲辺りからL'Arc〜en〜Cielは中期になったのでしょうね。sakuraが脱退し、yukihiroが正式に加入して初のシングルでございます。yukihiro加入でラルクの曲も変わってきたよね。

この曲のギターの音色がものすごく気持ちいい、コピーする時は音作りが難しいんじゃないかな?収録アルバム「HEART」は曲ジャンルの幅が広いため個人的にはラルク入門にいいと思います。

 

 

 

 

いばらの涙

イントロのアルペジオ、サビに向けて音が重なり盛り上がっていく構成。んんんんんん!!実に気持ちがいい!!これも特にライブverがかっこいいですな!!

hydeとkenのツインギターが気持ちいいですな。この曲さ、もう一度レコーディングしたら良い音になりそうじゃないですか?

 

 

 

 

LOVE FILES

このあたりからhydeこと156のボーカルスタイルに変化が。煌びやかな高音が特徴であったが低温に趣を置いた発声となりラルクの音楽性もハードなものへと変化していった。

LOVE FILESやSTAY AWAYはそういった意味での変化も感じてほしい一曲である。アルバム「REAL」は変化の象徴として中期ラルクをたくさん聴いていた人にこそ手にとってもらいたい。

 

 

 

 

Feeling Fine

f:id:shigeta-of-13:20190917113829p:plain

SMILEは一度は聴いてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

AS ONE

AWAKE

AWAKEを最初に聴いた感想としてはすごく重くなったという印象。その音はREALの時よりも重くハードになった。REALからの派生とも取れるアルバムになったと思う。

その音の象徴としての一面がAS ONEにはある。ギターのリフとドラムのバスが最高なんや。

AWAKEは重さだけじゃなく反戦、平和といった願いも込められていてバラードも何曲はあるんだぜ、泣いちゃう。

 

 

 

 

 

Pretty Girl

f:id:shigeta-of-13:20190917120020p:plain

 

 

 

 

 

 

 

そもそもL'Arc〜en〜Cielを日本語訳すると「空にかかる孤=虹」である。前ドラマーsakuraが逮捕され活動休止になっていたラルクの活動再開シングルであり、メンバーにとってもファンにとっても大切な一曲。記念となるライブのラスト曲やアンコール曲で演奏されることが多い。

歌詞の一部はエヴァンゲリオンを意識した部分もあるとか。

 

僕は一度彼らが虹を演奏しているのを見たことがある。その時に156が「年をとって腰が曲がってもずっと歌い続けたいと思います」と言って、虹のイントロが流れた。だから僕はラルクのファンを続けようと思ったのだ。

 

 

 

 

 

はい、こんなところですかね。12曲まとめました。

他にも色んな曲のことを語りたかったけども割愛させていただく。元々は10曲でまとめようかと思ったけども無理でしたね。へへへ。

tetsuya、ken、yukihiro、156で構成されるL'Arc〜en〜Cielのことをこれからも応援していきたいです。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

AWAKE

AWAKE

 

 

 

Tierra

Tierra

 

 

 

 

True

True