こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

スピッツのおすすめ10曲を俺が紹介していく。

中学時代からスピッツが好きだ。

この時はたしかこのアルバムが出たはず。

 

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection(通常盤)

 

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection(通常盤)

 

デビューした1991年の頃から2005年までのシングル曲全てを網羅しているベスト盤である。

CMでも何度か告知されなんとなく気になったのもあって購入した。中学生がこっそりと集めたなけなしのお小遣いを使ってね。

このアルバムをきっかけに初期のアルバムから当時の最新アルバム「スーベニア」まで集めたのですよ。

 

スーベニア

スーベニア

 

 

当時は色んなアルバムを聴いてよく自分の部屋で歌って親に怒られたっけな。

 

そんな僕が個人的に気に入っているスピッツの曲を紹介するよ。

 

 

 

 

 

 

 

ヒバリのこころ

ヒバリのこころといえばスピッツのデビュー曲でありインディーズ時代から今のライブでも演奏されているレパートリーであります。何気にアルバムverとシングルverで少し異なっている。

歌詞も泣けるし曲の展開も非常に盛り上がります。アウトロもかっこいいので最後まで聴いてくれよな。おお~。

youtu.be

 

 

 

 

スピカ

ギターも結構歪ませていてドラムも激しめ。それでも曲調としては爽やかないわゆるスピッツの色に染まっているのは流石としか言えない。バンドとしての方向性がしっかり決まっていて軸がぶれないのは普通なんだろうけどもこれを続けるのは難しい。

「幸せは途切れながらも続くのです」

youtu.be

 

 

 

恋のうた

これもインディーズの時期から存在している曲ですか。元々はパンクロックをやっていたスピッツですが草野さんがアコースティックギターで作曲した初めての曲となっています。スピッツの方向性を決めた曲だそうです。

好きな子の目の前でこれを弾き語りすればいいんじゃない?(無責任)

 

 

 

 

甘い手

アルバム「ハヤブサ」収録。このアルバムは全体的にヘヴィなサウンドで激しめの曲が多いのですがこの曲は結構ゆったりと落ち着く曲。。。かなと思ったのですがサビのギターが爆音でしたわ。。。最高。。。語りのせいで掠れぎみだけどギターソロも好き。

スピッツはたまにあるこういうメロウな曲が良い。

 

 

 

 

夜を駆ける

アルバム「三日月ロック」の一曲目。三日月ロックのはじまりとしては最高の出だしだと思う。真夜中に車を運転してる時にこれ流したらテンション上がりましたよ。

この曲で一番聴いてほしいのはドラム。曲中で一番フレーズが変化しているだけでなく各小節ごとに少しずつ音を変えることにより聞き手の高揚感が高まりやすい。ギター、ベース、キーボードは単調に聴こえがちだけどそれが重なりあっててドラムがうまくまとめている感じが好きです。

 

 

 

 

水色の街

これも「三日月ロック」からの曲ですが夜を駆けるの次に流れるという布陣が僕的には狂おしいほどすき。スピッツならではの静かな世界観の曲が気持ちいい。サウンドも非常に凝っています。ギターもベースも好きなのですがやっぱりこの曲も

ドラムが良い。

シンバルとハイハットの音が気持ち良すぎてアタクシは家系ラーメンを三杯いけそうだよ。今となっては人気曲だけどこれをシングルとして発売するのってすごい度胸だな。

 

youtu.be

 

 

 

 

 

うめぼし

完熟大粒紀州南高梅梅干し 減塩梅干し 白干し  塩分約15% 1kg

 

 

 

 

 

運命の人

これはライブでもよく演奏する曲なんじゃないかな?Aメロとイントロ辺りのギターのフレーズと音がすこです。

アルバム「フェイクファー」に収録された時は半音キーを下げて再レコーディングされたんですって。この曲結構高いからね、しょうがないね。

「愛はコンビニでも買えるけどもう少し探そうよ」

youtu.be

 

 

 

 

 

ルナルナ

女性用アプリのあれは全く関係ありません。「涙がキラリ☆」のカップリングでありひそかに人気が高い曲。。。だと僕は思っている。

いつかの書籍で「部屋の中にプールがあるラブホテルを想像して書いた」と草野さんが言ってましたがつまりは妄想ソングなのでしょう。

民族的なリズムとメロディーが面白い。とても陽気でのれる曲ですよね。

 

 

 

 

 

 

けもの道

アルバム「三日月ロック」のラストを飾るナンバー。名曲。ライブでは終盤の方によく演奏されますね。

この曲はスピッツの集大成的な曲でありこれからの未来へ進んでいく人々へのエールの曲だと思います。

死ぬほどつらいことがあっても諦めずに突き進んでいけというメッセージが込められているのだと。

曲もサビに向けて前のめりで盛り上がってくのがいいね。そして極めつけが最後の「フレー、フレー」涙が出そうですね。

「三日月ロック」としてはけもの道の前に収録されている「旅の途中」で完成されているけどこの曲を聴くとまだ「スピッツ」の音楽が続いていくようなそんな希望を感じさせてくれます。

 

 

 

 

 

はい。とりあえずは10曲まとめてみました。

ちょっと「三日月ロック」からの曲が多くなったかな。まぁ、でもあのアルバムは名盤なのでみなさん聴いてくださいまし。

こう改めてスピッツを聴くとサウンドと曲の展開がすごく良いことを思い知る。これは間違いなく完成されたバンドだなと。次はデビュー30周年に向けて頑張ってください。

 

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

三日月ロック

三日月ロック

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,石田小吉,亀田誠治,クジヒロコ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2002/09/11
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 34回
  • この商品を含むブログ (243件) を見る
 

  

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)

 

  

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,笹路正徳,白井良明,亀田誠治,棚谷祐一,石田小吉,クジヒロコ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2006/03/25
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (218件) を見る
 

  

ハヤブサ

ハヤブサ

 

 

 

名前をつけてやる

名前をつけてやる