こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

【アニメ感想】キリングバイツ【牙の鋭い方が勝つ】

 

キリングバイツ 第1巻<初回限定版> [Blu-ray]

 

いつぞや見たアニメがなぜか記憶に残っている。

記憶に残るアニメとはどんなものだろうか?僕が思うにインパクトのあるシーンだとか爆笑するシーンがあったりだとか色んな要因があって初めて「記憶に残るアニメ」として視聴者の脳裏に焼き付けられる。

例えば「キリングバイツ」は毎週ノルマのように主人公(CV:雨宮天)が放つ決めセリフがある。

 

 

 

 

「牙の鋭い方が勝つ。それがキリングバイツだ!」

 

 

 

 

 

 

「獣同士のバトル。それがキリングバイツだ!」

f:id:shigeta-of-13:20190610115830j:plain

TVアニメ「キリングバイツ」公式サイト(https://killingbites-anime.com/index.html)より

この物語はバトル、バトル、とにかくバトルの連続だ。バトルに挑む戦士こそが作中のキーワードでもある獣闘士たちなのだ。例えば画像のこの子…宇崎瞳(B:86/W:58/H:87)はラーテルの名を持つ獣人である。ラーテルは我々の世界ではライオンにも喧嘩を売るほど無鉄砲なイタチ科の動物として知られる。無論、瞳もこの無鉄砲さを受け継いで作中の強敵たちに勝負を挑んでいる。

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190610122332j:plain

TVアニメ「キリングバイツ」公式サイト(https://killingbites-anime.com/index.html)

中西獲座(B:79/W:55/H:82)はチーターの獣闘士で高い動体視力と圧倒的なスピードで対戦相手を翻弄していた。正直かませかなと思ったけど最後まで活躍してたね。

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190610123050j:plain

TVアニメ「キリングバイツ」公式サイト(https://killingbites-anime.com/index.html)より

稲葉初(B:83/W:56/H:85)は察しの通りウサギの獣闘士でぶっちゃけ言うと弱い。特技は地下の土を掘って巨大な迷路や落とし穴を造り上げること。逃走するだけならとても得意な弱気の女の子。 OPでの可愛さは異常。

 

 

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190610124114j:plain

TVアニメ「キリングバイツ」公式サイト(https://killingbites-anime.com/index.html)より

瞳が倒すべき存在として描かれる彼は虎の獣闘士、中西大河。獲座の兄でもある。強敵として周囲からも恐れられその脚力と破壊力で戦いに挑む。

 

 

 

 

「シンプルなかっこよさと色っぽいキャラクター。それがキリングバイツだ!」

f:id:shigeta-of-13:20190610125403j:plain

TVアニメ「キリングバイツ」公式サイト(https://killingbites-anime.com/index.html)より

キリングバイツのかっこよさはこうしてみると話の分かりやすさと個性的なキャラクターたちがあってこそのものだ。瞳は好戦的な狂戦士、獲座は小悪魔的な可愛さ、初は弱気な小動物と各々にキャラが立っていた。その他にも登場する獣闘士たちも面白くて動物の特性をうまくキャラクター性に落とし込んでいるのだ。

 

動物たちがたくさん出てくるという点ではまず最初にアナタは「けものフレンズ」が浮かんでくると思うがキリングバイツの世界観はかなりハードで血生臭い。ついでに言うとエロい。瞳もそうだがプロポーションが良いキャラが多く突然のエロ展開も何度かあった。そういったことも含めてノリノリでキリングバイツの世界を魅せつけてくれるスタッフに感服した。

 

同じ時期に放送していたアニメは「ゆるキャン△」や「宇宙よりも遠い場所」もスタッフが作りたいものや作品に込める愛が十分に伝わったがキリングバイツもその熱意では負けていないはずだ。イカシテルゼ。

 

 

 

今後の展開はどうなるんですかね?二期あるいはパチンコに進出したりとかは...どうですかね?

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

キリングバイツ 第1巻<初回限定版> [Blu-ray]

キリングバイツ 第1巻<初回限定版> [Blu-ray]

 

 

キリングバイツ(1) (ヒーローズコミックス)

キリングバイツ(1) (ヒーローズコミックス)

 

 

 

 

 

© 村田真哉・隅田かずあさ・HERO’S/キリングバイツ製作委員会