こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

Fairy gone フェアリーゴーン 1話 感想 「スタンド?ペルソナ?いいえ、妖精です」

こんにちは、ひよこPです。

世界観が面白いアニメとはどんなものだろうか?例えば今回紹介したいFairy gone フェアリーゴーンはとても面白かった。不思議な力を持つ妖精が物語の主軸になった今作。妖精の力を使う人間たちのお話。

 

制作はP.A.WORKS。「SHIROBAKO」「TARITARI」などで知られる高い作画力を持つグループだ。

脚本は「灰と幻想のグリムガル」の作者でもある十文字青先生。

 

Fairy gone フェアリーゴーンは何が面白かったのか?少し僕に語らせてほしい。

 

 

 

 

 

かつて妖精は、“兵器”だった―

 

 

~あらすじ~

この世界には不思議な力を持つ妖精がいた。その妖精を分身として出現させ兵器をして扱える兵士たち、彼らは「妖精兵」と呼ばれた。

長きに渡る戦争が終わると彼らはその役目をはたして行き場を見失う。ある者はマフィアへ。ある者は政府へ。ある者はテロリストへ。彼らはそんな道を進んでいた。

 

戦争から9年。不安定な情勢の社会情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ者が現れ復讐のためにテロを起こすようになっていた。

 

 

妖精はスタンドやペルソナのように自分の分身として操れる能力です。一話の段階でも何人かこの妖精を持っている人がいます。

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190412125345j:plain

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト(https://www.fairygone.com/#index)より

フリー・アンダーバー

違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊長代理。大戦時に妖精兵として活躍した二刀流の使い手。

妖精「レッドフッド」は狼のような見た目をしており爪や牙を使いさらには咆吼による音波攻撃を用い、素早い動きもできる。

 

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190412130120j:plain

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト(https://www.fairygone.com/#index)より

ヴェロニカ・ソーン

大戦時に焼き討ちにあった村でマーリアと共に生き残る。村を焼き払った将軍への復讐を誓う女性。

妖精「ブラッドドーター」はヴェロニカが与えた傷から侵入し、体内から身体を破壊する。

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190412130540j:plain

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト(https://www.fairygone.com/#index)より

マーリヤ・ノエル

「ドロテア」新入隊員。妖精器官の移植手術を行わずに直接妖精が取り憑いたことでその力を扱えるようになった特異体質者。

妖精「アッシュクラッド」は超高温の腕で掴んだものを灰にする能力。

 

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20190412131122j:plain

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト(https://www.fairygone.com/#index)より

 

f:id:shigeta-of-13:20190412131137j:plain

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト(https://www.fairygone.com/#index)より

一話から妖精たちが画面の中を駆け巡る圧巻のバトルシーン。作画やアクションシーンに関しては今期のアニメの中でも素晴らしい。今後は妖精兵たちの能力バトルが見られるのか?ジョジョで良く見られる心理戦よりも肉弾戦にこだわっている点も注目ですな。この勢いで二話以降も見れるなら楽しみですね。

 

 

 

音楽

さて、妖精兵たちの戦いを彩る音楽は(K)Now_NAMEが担当。「灰と幻想のグリムガル」、「サクラクエスト」でも主題歌や挿入歌、BGMを担当してきた。全体的に洋楽のようなサウンドとクオリティーの高く迫力のある曲が個人的に好きなのでね、そこも聴きながら楽しんでいきたいと思います。

youtu.be

 

 

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会