こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

シェンムー3の発売を楽しく待っている男

 

シェンムー1通常版

 

こんにちは、ひよこPです。

 

シェンムー3の発売を楽しく待っています。

先日になって新しいトレイラーが公開されましたね。

youtu.be

 

 

主人公・芭月涼を倒す謎の大男や、涼に拳法の指導をする謎の老人も登場しました。

そしてバトルシーンも収録。いやー、わくわくしますね。

 

シェンムーと言えば当時のギネスブックに「最も制作費が使用されたテレビゲーム(70億円)」として記載されたり、2も20億円の製作費が投じられるなどで話題になっていました。

それゆえにセガの超大作として期待されていたが1と2の売上合計が75万本で開発費を回収するレベルまでは至りませんでした。

 

 

そんなこともあり長い年月が経ったあと、ようやく3の制作を発表。そして今年の8月に発売されるというわけです。(延期しなきゃいいですね)

 

 

「行きたい所に行き、見たい物を見て、触わりたいものを触わる」というコンセプトを持ったジャンルFREEを自称し、オープンワールドゲームに影響を与えたと言われている。

モーションキャプチャーによるキャラクターのリアル動き、わき役までもが完全フルボイス、かなり作り込まれているリアルな町並み、天候や時間の変化などが僕は見ていて楽しかった。

新作ではこの辺りがさらなる進化を遂げるのではと期待しております。

 

とはいえ問題点も少なからず存在していて意外と自由度が高くない点があったり、1日の探索時間が限られていて夜の11時30分を過ぎると強制的に家に帰ることになる点、ガチャとくじ引きに運要素が大いに絡む点があったりする。

私的にはもっと自由に動けるようにしてほしいかなと。謎の見えない壁とかもあったし、マップが意外とそんなに広くない。

問題点をつぶしていけば本当に大作になるかもしれないゲームだった。

 

 

シェンムー3。果たしてどうなるか?こうご期待。