こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

宇宙よりも遠い場所が苦手な理由がようやく分かった

宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]

正直なところ「宇宙よりも遠い場所」というアニメが苦手だ。

もちろん、面白い作品であることは十分に分かるし終盤のメールのくだりは今年で一番泣けるエピソードだった。今どきの言葉で言うと「エモい」

このアニメのテーマもよーく分かったし、あの四人もかけがえのないものを手に入れたに違いない。

だが、僕は「ある理由」で苦手になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

宇宙よりも遠い場所という物語

宇宙よりも遠い場所 ファンブック

宇宙よりも遠い場所」の物語は冒頭でもよく言われていた通り、「青春する」ことに関して全力投球だったに違いない。主人公が100万円を拾ったことから「南極へ行く」大きな目標を四人が持つようになる。

何とかこうにか無事に南極行きが決定したあとはいよいよ本題である南極が舞台になる。最後には上空一帯にオーロラが広がり四人全員でその思い出を共有した。日本に帰った四人は別れてもみんな一緒なこと、またこの四人で旅に出ることを約束してこのアニメは幕を閉じる。

 

そんな美しい物語は僕にとって輝きすぎていたのだ。

 

 

 

 

 

 

輝いていない僕

 

宇宙よりも遠い場所 4 [Blu-ray]

この四人は大きな目標を持ち、当初の青春したいという夢も叶え十代の彼女たちにとっていつまでも忘れないであろう記憶になっただろう。そんな僕にとっては彼女たちは輝きすぎていたのだ。

僕は高校時代、何も持っていない人間だった。彼女たちのように南極に行ったこともないし、何か目標を持って青春をしたわけでもない。夢も希望もない死んだ目をした十代だ。そんな僕だからこそ彼女たちがうらやましい。それと同時に悔しいのだ。

自分の高校時代は本当に何をしていたのだろうか?部活動に入っていたものの幽霊部員のような立ち位置だったので正直そこに僕がいてもいなくても何も変わらない。そのへんにいる置物と同じくらいどうでもいい存在だった。

あくびをしながら退屈な授業を受け、家に帰ったら音楽を聴くかゲームするかの日々。こんな自分は生きている意味はあるのかなんてめんどくさい中二病みたいなことを日に一回は考えているような高校生だった。

そんな僕に輝きがどこにあるだろうか。「宇宙よりも遠い場所」一話のような輝きの向こう側へ旅立つようなワクワク感は全くないだろう。破滅へ向かう危うさはあったに違いない。こんな薄汚れた感情に塗りつぶされた青春時代を過ごしたのが僕だ。

 

 

 

 

 

 

願いを叶える

TVアニメ「 宇宙よりも遠い場所 」 オリジナルサウンドトラック

色々と言ってきたが「宇宙よりも遠い場所」が2018年で一番目立っていた作品なのは間違いない。まあ、まだ2018年終わるには早すぎるけども年末に今年のアニメを振り返るであろうアニヲタ諸君、そして業界の皆様は必ず頭の中に浮かんでくるだろう。

それはこの物語のストーリーが誰もが望んでいたものであったからだろう。「南極へ行く」という大きな目標のためにがむしゃらに不器用に頑張る彼女たちの姿が視聴者の感情を動かしたのだろう。

メインキャラクターの一人、小淵沢さんは三年前に南極観測中の母が行方不明になりそれがきっかけで彼女も南極へ行きたいと願うようになった。南極へ来た彼女は母がここにいた証となる遺品を探し出し、そしてノートパソコンを見つける。それを起動させると。。。。

 

南極へ行くための資金集めをするために毎日のようにバイトに明け暮れ周囲から孤立していった彼女は念願の南極へ着いたことで夢を叶え、かけがえのない仲間ができた。「宇宙よりも遠い場所」の真の主人公は小淵沢報瀬なのかもしれない。

 

 

最終回まで見ても苦手なままだったけど、僕も新しい目標を持とうかなとひとつ考えさせられて作品だった。もし続編「宇宙よりも遠い場所~ジャングル編~」が始まったらこのブログでまた会いましょう。