こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

別にドラゴンボールを読まなくてもいいじゃないか。

ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックス

 

 

 

liginc.co.jp

 

 

昨日のことなんですがね。

Twitterで見た人もいると思うけどこの記事がえらい大騒ぎになっていたのですよ。

 

 

この記事の要点をまとめると

・「コンテンツ制作に関わっているのにドラゴンボールを読んだことがないの!?」と上司に言われる。

・この記事の筆者が反論するためにドラゴンボールを全巻読む。

・けれども読了し感想が「やや面白くない」というもの。

・そして公開するとすぐさま賛否両論の嵐(ほとんど炎上に近い)←今ココ

 

 

こんな感じです。

 

 

否定的な意見を見てみると「この人は世界的にヒットした漫画から何も学べていないのか」みたいな意見が多いのですよね。

これだけ世界で現在進行形でヒットしている作品なわけだからファンも多いわけで。こういった意見が出るのは当然でしょうね。

僕としては誰が悪いかとかドラゴンボールが面白いか面白くないかは別にしてひとつの意見が浮かびました。

 

 

 

 

 

漫画って素直な気持ちで読むもんじゃね?

 

 

漫画はいわゆる娯楽本だ。たかが娯楽なんだからもっと素直で真っ白な気持ちで読んだ方がその漫画の面白さが理解できるんじゃない?

ましてやこの筆者はあくまでも反論するために読んでいるからどうしても「面白くない」という気持ちが前に出てしまっている気がするんだよね。

漫画に限らず人に何かをおすすめする時に否定的な言葉を使わずにした方が断然良い。否定をするから受け取る本人も難色を示すんだと思うよ。

 

 

今回の一件で思ったのが「○○なのに○○知らないの!?」みたいな意見はたとえ冗談でも言ってはいけないという教訓になったな、個人的に。

かつて僕も上司に似たようなことを言われて少し傷ついたことがある。そんなに自分の固定概念を押し付けなくてもいいじゃないかと。

 

 

上司はドラゴンボールを面白いと思った。けど上司以外の人間の中にはドラゴンボールをつまらないと感じる人もいるのは当然だ。そんな風に意見は色々と出てくるのが普通なんだよね。だからこそひとつの意見だけを押し付けないようにしたい。

 

 

 

 

 

 

ドラゴンボール超 7 (ジャンプコミックス)

ドラゴンボール超 7 (ジャンプコミックス)

 

 

こちら、最新刊になります。