こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

今月読んだ本の紹介【2018年4月】

その名の通り2018年4月に読んだ本を紹介するよ。

 

 

 

 

 

TYPE-MOONの軌跡

TYPE-MOONの軌跡 (星海社新書)

最近ではFGOのヒットが記憶に新しいTYPE-MOON。「月姫」の作成秘話から「Fate」の話や「魔法使いの夜」の挑戦。ファンなら読んでおいていいんじゃないかな?

中学の時にゲームセンターで見つけたメルブラがきっかけで月姫を知るようになったなあ。

 

 

TYPE-MOONの軌跡 (星海社新書)

TYPE-MOONの軌跡 (星海社新書)

 

 

 

 

 

 

しずるさんと偏屈な死者たち

しずるさんと偏屈な死者たち (星海社文庫)

ブギーポップシリーズの上遠野浩平さんの作品。会話が少し日常チックだけどやっぱり上遠野テイストが十分に発揮されている。なぜ今の今まで読んでなかったんだろう。。

 

 

 

 

 

 

少女には向かない職業

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

タイトルの意味は読めば分かるよ。終始陰鬱な雰囲気が続くけどこの胸に訴えかけてくる文体が本当に好きだなあ桜庭さん。救いようがないお話なので耐性のない人は気を付けてね。

 

 

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

 

 

 

 

独創短編シリーズ 野崎まど劇場

独創短編シリーズ 野崎まど劇場 (電撃文庫)

最近の活動だろアニメ「正解するカド」の脚本を務めたことが記憶に新しい野崎まどさん。

図書館で何気なく手に取った短編集がすごく面白くて笑いをこらえるのに必死に。世界観がシュールすぎると思えば妙に哲学的な話もあるわけで作者の脳内を覗いてみたい今日この頃。

 

 

 

独創短編シリーズ 野崎まど劇場 (電撃文庫)

独創短編シリーズ 野崎まど劇場 (電撃文庫)

 

 

 

 

 

 

少し変わった子あります

少し変わった子あります (文春文庫)

本格的なミステリーを多く手掛けている森博嗣さんにしては珍しくハートフルでほのぼのするような。。。でも森さんのファンなら読んでいくといつもどおりの「らしさ」ががそこにあったりで。ラストシーンは。。。。

 

 

 

少し変わった子あります (文春文庫)

少し変わった子あります (文春文庫)