こちらからは以上です。

得意科目はアニメと音楽です。

ドリームキャストは夢を繋げたのかな?

f:id:shigeta-of-13:20180406112339j:plain

こんにちは、僕です。

突然ですが据置型ゲーム機と聴いていったい何が連想されますか?

話題のタイトルが続々発売されて子供から大人まで人気のニンテンドースイッチ、それでもPS4が好きという人もいるかもしれませんね。

…いや少し待ってほしい、むしろ思い出してほしい。

夢を乗せたドリームキャストの存在を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもドリームキャストってなんだっけ?

f:id:shigeta-of-13:20180406113645j:plain

日本で1998年に発売されたSEGAの最後の据置型ゲーム機であります。

ハードのシンボルマークはオレンジのうずまきのロゴ。「夢を繋いで!ドリームキャスト!」がキャッチフレーズのためか「愛や幸福の象徴のオレンジでネットで人を結ぶこのゲーム機にはピッタリ」ということで決められたそうです。

限定版のドリームキャスト本体が49万円で落札されるなど一部の間での人気は衰えてないことがうかがえます。

 

元々はライバルのプレイステーションファイナルファンタジーが展開されて自社のセガサターン*1に衰えが見え始めてハードの開発を始めたのがきっかけでした。

 発売時期が決定し、自社の自虐CMを流しつつお茶の間への知名度を上げて成功するには思えたが。。。。

 

 

 

ドリームキャストの戦い

前の世代のセガサターンからより進化したグラフィック、インターネットを利用したオンラインプレイなど時代の流れを先見した機能が目白押しだった。

大容量の1GBを誇るGD-ROMを使い大容量のゲームを扱うことも可能で当時の人々には新鮮に見えた。

だが大きな人気に対して起こった初期出荷不足はかなり大打撃であり、これが原因でローンチタイトルのほとんどが延期となり1998年~1999年の年末年始商戦でのスタートダッシュに遅れることになった。

そんな問題がある最中でプレイステーション2の発売。ドリームキャストを超えるCG処理能力やDVD再生機能、中でも3000以上ある初代プレイステーションのタイトルをそのまま遊べる互換性を保持していることもありドリームキャストはハード戦争に敗北する結果になった。

流石にドリームキャストは1000以上のタイトルを誇るセガサターンへの互換性を持ち合わせていなかった。ここで大きく差をつけられてしまったのだろう。

負けじとSEGAもネットの強みを打ち出したり、29800円から19900円に値下げをするもそれでも当時のプレイステーション2には勝てなかった。

日本での最終的な売り上げは280万台、海外では800万台を誇り海外からの反応の方が大きかったようだ。

 

 

 

ドリームキャストの評価

ここまで書いてきたようにドリームキャストは惨敗という結果となりSEGA最後のハードとなってしまった。

しかしながらも当時まだどこも取り入れてなかったネット機能を入れていたりとゲームの歴史的には革命と言わざるを得ない。そして、もちろんこのハードからも名作タイトルが発売されていて今でも語られたりもしている。

格闘ゲームの普及にも一役買っており、マブカプ2やカプエスは家庭用とアーケード版は同時に発売されたりもしている。当時の時代はアーケード格闘ゲームの完全移植に需要が大きくありその役目はドリームキャストが受け持っていたのだ。KOFストリートファイター3などもドリームキャストで移植されておりPS2にはない価値を確立していった。ちなみに接続したコントローラーをそのままつなげることができるためパットでプレイしている人もお世話になったではないだろうか?

 

 

 

ドリームキャストの名作ソフト3選

では、夢のドリームキャストでどんなソフトがあったのか書いていこうかな。

 

 

 

ストリートファイターIII 3rd STRIKE -Fight for the Future-

ストリートファイターIII 3rd STRIKE

ストリートファイター3シリーズの完成形。ブロッキングシステムなどの新要素を打ち出してきたこのシリーズはストリートファイター2と比べると全く別の作品となりました。

前作、前々作で登場していなかった春麗の復活にファンはおろか本人が一番うれしくてセンター飾ってますよ、彼女。

格闘ゲームファンの間でトップクラスの人気があり今でもゲームセンターでは大会が行われたりしています。

 

 

 

シェンムー

シェンムー1通常版

出るのが早すぎたゲームソフト。今でこそオープンワールドが主流になってきましたがこのシェンムーはそれを先どった名作なのです。自由度の高さゆえにシナリオを進めないで寄り道していた人も多いと思われます。制作費はなんと70億。

三部作の予定だったのですが未完のまま終わってしまい今に至ります。

しかしながらも「シェンムー3」の制作資金を募集したところ目標金額に達成したため続編が制作決定したそうな。

 

 

 

ソニックアドベンチャー2

f:id:shigeta-of-13:20180406131805j:plain

ソニックシリーズの傑作で超スピードアクションゲームです。

シリーズ初の3D化で好評を得たソニックアドベンチャーの続編でソニックシリーズ10周年を記念して発売され今でもドリームキャストの名作と言われるとこれか前作を挙げる人が多いのではないでしょうか?

本作は「ヒーロー」と「ダーク」の二つの勢力をプレイすることができ、3種類のジャンルのアクションが見どころ。爽快感に限って言えばソニックシリーズ一番じゃなかろうか?

 

 

 

 

夢を繋いで愛されていた名機「ドリームキャスト

いかがでしたでしょうか?

ハード戦争で泥を塗ってしまったけども結果的に世界で売れたことにより愛されている名機となったドリームキャスト。その性能はまさしく夢を繋ぐ通り、時代の最先端を走っておりこのハードがなかったらゲーム機は今のように進化していなかったのではないでしょうか?

今年で発売から20周年、そのお祝いをいしつつこれからのゲーム業界とドリームキャストに幸運がくるように祈りたい。

 

 

 

 

ほぼ実物大「ドリームキャスト」2WAYバッグ
 

 

 

*1:SEGAから発売されているハード。プレイステーションとのハード戦争を起きて結果は敗北